海外へ出かける体験は、驚きと感動にみちています。でも、日本ではあたり前の習慣が通用しない場面や、国際人として知っておきたいマナーや常識が存在するのも事実。知っておいて損はない「空港や外国での失態体験」で、旅立つ前の心の下準備を。

国際空港でありがちな『とほほ』体験

空港のフロアでスーツケースを広げる
預け荷物が重量オーバーで荷物をぬくことになったり、機内に持ち込みたいものをスーツケーツに入れっぱなしにしていたり。地面にしゃがみこんで行う「ケースのお店広げ」は、まわりのお客さんの迷惑になります。もしあなたの後ろに列ができていたら、背後からの冷たい視線や舌打ちを覚悟しなければなりません。

パスポートの有効期限チェック忘れ
ホテルもチケットも予約した、荷物も準備した。バスや電車を乗り継いで空港まで行き、「いざ出発」とチェックインしようとしたそのとき、「お客様のパスポートは有効期限切れです」と言われたら!?ショックははかりしれません。どんなに綿密に準備をしてもパスポートが切れていては、飛行機には乗れません。

旅の計画をたてる前に一番始めにすることは、パスポートの期限チェックです。有効期限が近づいていたら、パスポートの申請から始めましょう。

現地で気をつけたい「しまった!」体験

大きな手荷物、スーツケースを抱えて街をウロウロ
飛行機の搭乗やホテルのチェックインまで余裕があるとき、空き時間を有効に使いたいと思いますね。しかし、全部の荷物を抱えたまま市内観光にまわるのはNGです。カバンが重くて思うように街を歩けませんし、持ちものを盗られたり失くす可能性もあります。

ホテルではチェックイン前でも荷物を預かってくれるところが多いですから、現地に着いたら、始めにまっすぐ宿に向かうようにしてください。荷物を置いて、身軽になってから出歩きましょう。

綿密すぎる計画は、旅先では足かせにもなる
観光地に到着したらガイドブックとにらめっこでは、まわりの景色やものが見えません。本や地図を広げる姿は「おのぼりの観光客です」というアピールにもなるので、犯罪者に目を付けられやすくなることも忘れずに。

あれもこれも予定を詰め込みすぎるのも、やりがちな失敗です。タイムスケジュールをこなすのが目的になってしまい、疲れただけで何をみたのか覚えてない。そんなことにもなりかねません。むしろ計画などたてず、気の向くまま冒険気分で探索を楽しんだほうが旅の醍醐味があじわえます。

海外にまだ自信がない人は、最初に国内の九州・沖縄地方あたりへ出かけてみては。旅も回数を重ねて「慣れる」ことで失敗も減り、より楽しめるようになります。経験を積んで、素敵な想い出をたくさんつくりましょう。

九州から沖縄にかけての旅路

旅行の行き先に沖縄や九州を考えている方も多いのではないでしょうか。

沖縄や九州といえば、普段の都市部での生活を離れて、雄大な自然に囲まれゆったりと過ごすことができます。

旅行をするときに、観光スポットやおすすめの名所をガイドブックなどを参考にしながら、プランを立てていきますよね。

ですが沖縄や九州といっても、かなり膨大な数の名所がありますので、どこから巡ればいいのかと迷ってしまうかもしれません。

ガイドブックや旅行会社のプランなどを見ていても、非常に多岐にわたっているためなかなか一つに決めることは難しいものです。

といっても、そこに掲載されて紹介されている場所は、どこも実際に行った人から高い評価を受けている場所なので、行ってがっかりするようなことはないでしょう。

例えば、沖縄の人気観光スポットとしては、美ら海水族館など、沖縄ならではの海の文化を体験できる場所が多くあげられています。

旅行では自然を楽しむことももちろん、その土地に刻まれた歴史を追体験するという意味でも、貴重な体験をすることができるでしょう。

特に沖縄は、古くから日本固有の土地であったというイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実はそうではありません。

日本に現在沖縄という場所があり、日本の土地となっているのは、沖縄返還が行われたためです。

沖縄は、戦時中にアメリカによって制圧された場所のひとつであったので、もともと日本のものというわけではなかったのです。

そういった歴史を超えて、現在は日本の領土となっていますが、それだけにアメリカの文化とも混じった独特の風土があります。

現在も沖縄には米軍基地が存在していますから、そういった意味でも少し特異な場所といえるかもしれません。

自分が普段暮らしている場所を離れて、国内といえども別の場所に赴いてその土地の文化に触れることで、新しい考え方を獲得することができるでしょう。

九州にも沖縄にも、それぞれが成り立つまでの深い歴史がありますから、ぜひ旅行という形でその一面に触れてみて欲しいと思います。

他の土地の文化や歴史を知ることで、自分が普段暮らしている場所にも愛着を持つことができたり、違った角度から考えることができることでしょう。

旅行に行った先の名所や、名物を食べたり、飲んだり、眺めて楽しむ一方で、自分たちの現在の生活を今一度深く考え直すきっかけになるかもしれません。

沖縄や九州へ旅行をするにあたっての、そんな一つのヒントとなるような情報として、ぜひ参考にしてみてください。

siteinfo

沖縄からでも購入可能!

海外医薬品のニーズはドンドン高まってきております。勃起不全やインポでお悩みの男性の皆さん沖縄にいても購入できる安価でお求めやすいバルデナフィルで元気を取り戻しましょう!